札幌さくらビューティークリニック 毛の専門サイト

毛の専門サイトは医療レーザー脱毛専門の札幌さくら
ビューティークリニックが運営しております。

主な脱毛方法

光脱毛について

光脱毛とは

光脱毛とは主にエステサロンで行われている脱毛方法です。
光脱毛機の製造業者やサロンによって名称が異なりますが、IPL脱毛・フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛と呼ばれている脱毛はすべて光脱毛を指します。

レーザー脱毛と仕組みはほとんど同じで、IPL(インテンスパルスライト)などの器械を使い光を照射し、光エネルギーによって毛根や毛包にダメージを与えることで脱毛効果が得られます。

光脱毛はどのように脱毛する?

光脱毛とは主にエステサロンで行われている脱毛方法です。光脱毛機の製造業者やサロンによって名称が異なりますが、IPL脱毛・フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛と呼ばれている脱毛はすべて光脱毛を指します。

レーザー脱毛と仕組みはほとんど同じで、IPL(インテンスパルスライト)などの器械を使い光を照射し、光エネルギーによって毛根や毛包にダメージを与えることで脱毛効果が得られます。

光脱毛の仕組み

光脱毛もレーザー脱毛も毛のメラニンに反応して組織にダメージを与える原理は基本的に同じですが、光の波長と照射エネルギーに違いがあります。
レーザー脱毛は1本に絞り込んだ強い波長のエネルギーで照射します。波長は毛の黒いメラニンだけに反応し、肌細胞を傷つけることなく脱毛できるよう調整されています。ただ、波長の幅が狭いので毛の色によっては効果が薄れることがあります。産毛への効果も期待できません。
それに対して、光脱毛は500~1200nmの広域波長の光を使用し、出力はレーザー脱毛よりも弱く、一定の制限があるので医師免許を持たないエステティシャンでも安全に扱うことができます。光の波長が大きいことによりさまざまな毛に反応しますが、出力が弱い分レーザー脱毛に比べて脱毛回数が掛かり、1~2年くらいかけて脱毛するサロンがほとんどです。

光脱毛で出来るのは制毛や一時的な減毛

光脱毛では永久脱毛の効果は期待できません。医療レーザー脱毛であれば、レーザーが毛母細胞を破壊するので「永久脱毛」が可能です。一方、光脱毛はメラニン色素に作用して毛を細い状態にするにとどまります。したがって一定期間があくと高確率で毛がまた生えるようになります。
日本では医師がいないエステサロンで毛根を破壊する行為(=脱毛効果のある行為)は医師法によって禁止されています。そのため永久脱毛ができるのは、医療機関が行うレーザー脱毛のみで、エステサロンなどでは制毛処理をサービスとし、毛の成長を一時的に減毛する行為を行います。

「永久脱毛」の基準について

永久脱毛は「脱毛処理した後は全く毛が生えてこない」施術だと思っている方は多いようですが、米国電気脱毛協会の基準によると「永久脱毛とは、脱毛処理を行った1ヵ月後に、毛の再生率が20%以下になること」を指します。医療レーザー脱毛が可能なクリニックで「永久脱毛ができる」と掲げている所ではこの基準を念頭に置いて説明を受けましょう。

光脱毛のメリット・でメリット

光脱毛のメリット

毛母細胞に「強いダメージを与える」事は医療行為に当たるため、エステサロンで使用している光脱毛機が与えるダメージは弱いレベルに抑えられています。照射エネルギーが弱い分、針脱毛や医療レーザー脱毛に比べ痛みが少ないメリットもあります。

光脱毛のデメリット

一般的なエステサロンでは、1回目に皮膚の表面に見える毛を処理します。そして、2ヵ月程度たって皮膚の内側にあった毛が生えてきたところで、2回目の処理を行い、この工程を繰り返して毛を減らしていきます。ツルツルになるまでに18回以上施術を受けないと効果を実感できない場合がほとんどで、施術自体も1時間以上はかかり「脱毛に通う期間」「施術時間」どちらの面でも根気強さが必要な方法です。